日本PCIT研修センター&PCIT&CARE九州地区研究会コラボ企画 オンライン特別講演:こんな時、どうコーチングする?―PCITセラピストのコーチングに必要な要素

For Your Best Coaching PCITers待望のテーマです! こんな時、どうコーチングする?―PCITセラピストのコーチングに必要な要素

講師:Elizabeth Brestan-Knight先生 (オーバーン大学臨床心理学科教授 PCIT International Global Trainer ) パネリスト:PCIT&CARE九州地区研究会メンバー

日程:2021年10月13日(水) 20:00-22:00 会場:Zoom

司会:加茂登志子(日本PCIT研修センター)
通訳:国弘志保(逐次翻訳:英語➡日本語)

今回は、日本のPCITersにはおなじみのElizabeth先生をオンラインでお招きし、PCITのコーチングについてみっちり学びます。 成功するセラピストのコーチング発言の概要、様々な子育てスタイルに必要なコーチングの種類、そして最近のPCITコーチング研究の概要を説明します。乞うご期待です。オンデマンド配信あり!

参加費:5000円申し込み先:Peatix https://coaching-jpcittc.peatix.com/view
参加者数上限:100人

Elizabeth Brestan-Knight教授のご紹介  
フロリダ大学で臨床・健康心理学の博士号を取得した後、オーバーン大学の心理科学科の教授として、過去22年間にわたり教鞭をとってこられました。オーバーン大学では2つの教授職を持ち、その教育でいくつかの賞を受賞し、学科の共同議長や学部プログラムのディレクターを務めてきました。 Elizabeth先生は、書籍の数多くの章や記事を執筆し、Wiley-Blackwell社から「A Guide to Teaching Developmental Psychology」も出版しています。また、オーバーン大学親子研究室のディレクターとして、PCITトレーニングワークショップとPCIT治療の忠実性を評価する研究チームを率いています。最近のプロジェクトでは、セラピーに使用する人工知能プログラムの開発や、既存のPCITクリニックのプログラム評価なども行っています。そして、Elizabeth先生は、日本のPCITの歴史にはなくてはならない人です。2012年にSheila Eyberg先生とともに初来日なさって以来、日本のPCITの実践と普及に常にかかわって下さっています。

また、全米(アラバマ州、アーカンソー州、コロラド州、フロリダ州、ジョージア州、インディアナ州、カンザス州、ケンタッキー州、ルイジアナ州、メリーランド州、ミネソタ州、ミズーリ州、ネブラスカ州、ニュージャージー州、ニューヨーク州、オハイオ州、ワシントンDC、ウィスコンシン州)および海外(日本、レバノン、ノルウェー、台湾、シンガポール、韓国)において、第一線で活躍するメンタルヘルスのセラピストを対象に、PCITの普及と実践に焦点を当てたトレーニングを実施してきました。PCITインターナショナルのグローバルトレーナーとして、ブレスタン-ナイト氏はこれらの素晴らしいプロフェッショナルとの関係を維持し、彼らがPCITクリニックを成功させるために継続的なコンサルティングを行っておられます。

 

Special Lecture: What Should PCIT Therapists Say? The Essential Elements of PCIT Therapist Coaching

This presentation will provide an overview of successful therapist coaching statements, the types of coaching needed for various parenting styles, and a summary of recent PCIT coaching research

Lecturer:Prof.Elizabeth Brestan-Knight(Auburn University)
Panelists: Menbers of Kyushu conference of PCIT&CARE

Site: Zoom
Moderator: Toshiko Kamo (Japan PCIT Training Center)
Interpreter: Shiho Kunihiro (consecutive translation: English ➡ Japanese)

Registration: https://coaching-jpcittc.peatix.com/view
Fee: 5,000 yen

Elizabeth Brestan-Knight, PhD., doctorate in clinical and health psychology from the University of Florida, is a professor in the Department of Psychological Sciences at Auburn University, where she has been a faculty member for the past 22 years. She has held two professorships at Auburn, won several awards for her teaching, and served as the department co-chair and undergraduate program director. Dr. Brestan-Knight has authored numerous chapters and articles as well as a book published by Wiley-Blackwell, A Guide to Teaching Developmental Psychology. She is the director of the Parent-Child Research Lab at Auburn where her research team evaluates PCIT training workshops and PCIT treatment fidelity. Recent projects have also included the development of an artificial intelligence program for use in therapy and program evaluation for established PCIT clinics.

Brestan-Knight has conducted training focusing on the dissemination and implementation of PCIT to front-line mental health therapists across the US (Alabama, Arkansas, Colorado, Florida, Georgia, Indiana, Kansas, Kentucky, Louisiana, Maryland, Minnesota, Missouri, Nebraska, New Jersey, New York, Ohio, Washington DC, Wisconsin) and internationally (Japan, Lebanon, Norway, Taiwan, Singapore, and South Korea). As a PCIT International Global Trainer, Brestan-Knight maintains ties with these wonderful professionals and provides ongoing consultation to help them establish their own successful PCIT clinics.