2018年12月 アドバンスドワークショップ及びビギナーズワークショップのお知らせ

2018年12月9日の第8回PCIT-Japan CARE-Japan第8回合同研究会(@明治大学駿河キャンパス)に伴いまして、PCITアドバンストワークショップとビギナーズワークショップを開催いたします。どうぞ振るってご参加ください。参加ご希望の方は、下記申込書に記入し、office@pcittc-japan.comまでお送りください。定員に達し次第締め切ります。

申込書はここからダウンロードできます:
アドバンスドワークショップ参加申込書
ビギナーズワークショップ参加申込書


1)アドバンストワークショップ

① PCIT アドバンストワークショップ A 「COACHコーディングシステムの実際(仮)」(通訳あり
時間:2018年12月7日(金)9:30-12:30(3時間)
会場:明治大学 駿河キャンパス (東京都)
主催:PCIT-Japan, 日本PCIT研修センター
参加資格:PCIT40時間イニシャルワークショップ受講修了者
定員:50人
講師:Robin Gurwitch先生(PCIT international Master Trainer)、加茂登志子(PCIT international Master Trainer)
参加費:15000円

概略:CDI Observational Assessment of Coaching Highlights(COACH)コーディングシステムは、Beverly Funderburk教授やRobin Gurwitch教授など7人のPCITのエキスパートによって編纂されたCDIにおけるコーチングのコーディングシステムであり、コーチング技術の習得やブラッシュアップに大変役立ちます。日本におけるレベル1トレーナートレーニングにもすでに導入されています。今回のワークショップは筆者の一人であるGurwitch教授から直接講義が受けれられる大変良いチャンスです。

② PCIT アドバンストワークショップ B 「子どものトラウマ領域におけるPCIT(仮)」(通訳あり)
時間:2018年12月7日(金)14:00-17:00(3時間)
会場:明治大学 駿河キャンパス (東京都)
参加資格:PCIT40時間イニシャルワークショップ受講修了者
定員:50人
講師:Robin Gurwitch先生(PCIT international Master Trainer)、加茂登志子(PCIT international Master Trainer)
主催:PCIT-Japan, 日本PCIT研修センター

概略:PCITは子ども虐待の再発率を2割に抑制するなど、トラウマ領域においても様々な切り口で効果の実証が得られています。トラウマ領域におけるPCIT実践の現状やノウハウとともに、Gurwitch教授が長年携わってきたアメリカ軍基地在住家族へのPCITを普及の実績も含めてご講演いただきます。

2) ビギナーズワークショップ 「はじめまして PCIT
参加資格:子どもと親、養育者、家族を対象とするメンタルヘルスの専門家(PCITイニシャルワークショップ未参加の方を優先します)
時間:2018年12月8日(土)16:00-17:30
会場:明治大学 駿河キャンパス (東京都)
定員:50人
講師:加茂登志子(PCIT international Master Trainer)
参加費:PCIT-Japan、CARE-Japan、IFCA会員の方は無料。非会員1000円。

概略:親子相互交流療法(Parent-Child Interaction Therapy: PCIT)について、基盤となる理論や治療効果、基礎的なスキルの説明を交えてわかりやすくご紹介します。また、日本における実施や普及についても説明します。

2018年10月28日